×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

学習障害 治療

学習障害の治療法

学習障害というのは、実はまだ医学的に解明されていないので、医学的治療法は今のところ、確立されていないのが現状です。しかしながら、周囲の人たちが学習障害に対して理解を深めるようにして、導いていくことで改善される場合があります。

 

一言で学習障害といっても様々なタイプが存在するので、それぞれ個人の障害に合わせた環境を作るようにし、支援してあげることが大切になってきます。例を挙げれば、運動するのが困難な人の場合であれば、ラジオ体操などの簡単な運動を一緒に行って教えてあげたり、話すことが困難な場合であれば、否定するようなことはしないで言葉をつけたしてあげるようにしたりしましょう。

 

聞くことが苦手な場合であれば、近くで話してあげたり、絵や写真を使って話してあげるなど、苦しみを理解することに努めストレスを感じさせないように教えてあげましょう

 

日本においては、まだまだ学習障害の認知度が高いとは言えず、どうしても周囲の対応は遅れているのが現状です。だからこそ、学習障害をもつ人には、愛情をもって接することが大切になってきます。特に、家族の理解と支援が重要となっており、障害があるからといって甘やすようなことはなく、障害があるからこそ問題を放置しないで一緒になって、考える必要があります。

 

学習障害のある人は、認めてあげるようにして、それぞれ個人のペースで勉強させてあげること、必要な環境を作ってあげることが大切になってきます。学習障害の治療は、教育面での指導が中心となっていますが、、学習能力を高める効果はあまり期待できません。しかし、注意力や集中力を高めることができる薬物療法などもあります

 

また、間違った対応方法や知らない対応方法を普段生活している中で少しずつ改善して行く行動療法やカウンセラー、医師、または、家族や友人との会話の中から問題点を見つけていく心理療法などもあります。


学習障害と知的障害との違い

学習障害と言うのは、発達障害の中の一つの障害であります。部分的な機能だけが問題とされる障害となっています。学習障害という名称だけあり、学習面の障害である聞く、話す、書く、計算する、読むなどいずれかの行為が困難な状態をいいます。

 

聞く、話す、書く、計算する、読むという行動の中で、限定的にできない部分がありながらも、知的発達が遅れているわけではないのが特徴となっています。知的障害には当てはまらないけれど、特定の分野において困難を伴うのが学習障害の特徴と言えます。

 

また、学習面だけに限らず生活していく上で必要な運動動作や対人関係なども上手くできないというようなケースもあります。学習障害の原因と言うのは、未だはっきりと解明されていませんが、脳の中枢神経に何らかの機能障害があるという可能性がいわれています

 

一方、知的障害については、知能の発達が遅滞した状態で留まっている状態のことをいいます。記憶、知覚、運動、理解、思考、判断などといった認知能力が遅滞している状態の障害です。

 

知的障害が存在すると、日常生活での物事の判断や適切な行動を自分で行うことが困難となります。知能検査による知能指数が70以下の場合が知的障害とされており、様々な援助の対象となっています。

 

知能障害は、生まれた時や乳幼児の時のの発達障害、脳の病気・損傷で発達が妨げられることで起こるとされており、多くのの場合は十八歳未満で発生します。他にも、虐待などの行為や知的発達に不適切な環境下におかれている。ケースにおいても、知的障害になりやすいとされています。染色体異常によるダウン症についても、知的障害の一種として知られてます。